バイナリーオプションは時間帯によって取引のやり易さが変わってきます

そんなバイナリーオプションでは取引を行う時間帯によってやりやすさ、あるいは利益の出しやすさが異なってきます。
相場がもっとも動きやすいのは夜、とくに22時~2時くらいまでの間と言われています。
その一方で、バイナリーオプションの取引にはあまり適さないといわれています。
なぜならバイナリーオプションの中でも、とくにHIGH・LOWの取引においては相場の変動幅そのものは直接関わりがないからです。
午後から夜にかけて、16時~22時までの間は相場の動きが活発になり始める時間帯。
そのため先行きが見えない点では夜と同様、バイナリーオプションに適していないといえますが、逆に相場の流れが見えやすい時間帯でもあり、勝敗を見極めやすいともいわれています。
買い相場・売り相場の情勢を見極めたうえで的確な判断をすると利益を出しやすいでしょう。
このように、バイナリーオプションに関しては時間帯ごとの比較を行ったうえで取引を行うタイミングを決める必要があります。
原則としては変動が激しい時間帯はFXを、緩やかな時間帯はバイナリーオプションを選ぶとやりやすいでしょう。